提供元不明アプリのインストール許可方法

Android スマホの使い方 初心者編 > 操作・設定 > 提供元不明アプリのインストール許可方法

提供元不明アプリのインストール許可方法

今回は「提供元不明のアプリのインストールの許可」設定の変更方法について。Android スマートフォン初心者の方にはおすすめできませんが予備知識として覚えておくのもよいかと思います。

【提供元不明のアプリとは?】

提供元不明と書くと怖いですが、アプリは Google Play 等以外からも入手することが可能です。Google Playにはなくてもよいアプリを制作している方々、企業(サードパーティともいわれます)は世界中にたくさんいるのです。


Android 端末専用のアプリは Google Playで入手できるもの 、またはキャリアが提供しているもの以外のアプリを

「提供元不明のアプリ」と表記し、設定の変更無しではインストールすることができません。

もちろん、これは安全対策のひとつです。

ただし「提供元不明のアプリ」は設定を変更することによりインストールが可能となります。


【ご注意!】
提供元不明のアプリ全てが悪意のあるアプリというわけではありませんが「スマホや個人データを攻撃される可能性が高くなる」場合があるのでインストールする際には十分に注意が必要です。



スポンサーリンク




【提供元不明アプリのインストールを許可する方法】

提供元不明のアプリをインストールすることはスマホや個人データを攻撃される可能性が高くなる場合もあるので注意が必要です。不必要にインストールすることは避けてください。

参考記事:Google Play のアプリの安全性について


そのままの設定では提供元不明アプリはインストール出来ないので以下の設定の変更が必要です。

1.「設定」→「セキュリティ」をタップ

セキュリティ


2.「提供元不明のアプリ」の右側のスイッチをタップします。「提供元不明のアプリのインストールを許可する」ことになります。

提供元不明のアプリ


3.注意事項が表示されるので「同意できる場合のみOKをタップ」してください。

提供元不明のアプリをインストールする際の注意点など

※機種により表記・文言が異なる場合があります


4.ボタンの色が緑色に変われば設定変更の完了です。

提供元不明のアプリのインストール許可



ちなみに提供元不明のアプリは「ダウンロード」→「インストール」という手順でスマホに組み込まれます。

中には有名な会社が提供するアプリで提供元不明というわけではなかったりする場合もあるのですが、本当に提供元がわからない提供元不明アプリはインストールしないほうが無難です。


【ご注意!】
提供元不明アプリをずっとインストール許可状態にしておくことはおすすめできません。目的のアプリをインストールし終えたら「提供元不明のアプリ」設定を「OFF」にしておきましょう。


また、逆の話になりますが Google Playでインストール出来るアプリは提供元こそ表記されていますが、絶対に危険なアプリが存在しないわけではありません。

関連記事:Google Play のアプリの安全性について


どのアプリもインストールする際は必ずアプリの詳細から利用するデータ等の情報を確認して危険そうなアプリはインストールしないよう常に注意しましょう。

今回の設定はスマートフォン初心者の方にはおすすめ出来ません。慣れている方も十分に注意してくださいね。
(*´▽`*)b



スポンサーリンク





関連記事

  1. 自撮り棒は有線か無線か?
  2. 自撮り棒と電波法違反について
  3. 通知ランプ(LED)を消す設定
  4. Yahoo!ブラウザ 自動ログインの解除方法
  5. スマホ メール 基礎編
  6. 長押し時間の設定方法
  7. トグル入力OFFで素早い入力を!
  8. Wi-Fiが勝手にOFFになる?スリープ時のWi-Fi接続設定
  9. android 6.0 アップデート後に音割れ不具合
  10. デベロッパーとは


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。