伝言メモの使い方

伝言メモの使い方

スマホの簡易留守番電話として使える「伝言メモ」の使い方、設定手順を説明します。

録音できる時間は短いですが、上手に使うと便利な機能です。

伝言メモ

※機種およびAndroidのバージョンによっては伝言メモ機能が無い場合もあります。予めご了承ください。


ガラケーではおなじみの「伝言メモ」ですがスマホでは今まであまり見かけない機能でした。

最新機種や、Android 5.0~にアップグレードして使えるようになる機種も増えてきました。

相手が録音できる時間は数秒間ではありますが、留守番電話の代わりに端末に音声を録音出来る便利な機能です。


【スマホの伝言メモとは?】

録音できる時間は「数秒間~1分ぐらい」と有料の留守電サービスと比べると頼りない気はしますが、私的な連絡なら十分な時間かと思います。

ただし、留守電サービス等に加入している場合、伝言メモが起動する前に留守電になってしまうこともあるので、どちらを利用するか予め決めておく必要があります。




スポンサーリンク





【伝言メモの設定方法】

1.「設定」から「通話設定」をタップします。もしくは「電話」アプリの「メニュー」→「通話設定」をタップします。

通話設定


2.「伝言メモ」をタップ。

伝言メモ


3.伝言メモを「ON」状態にします。

伝言メモON

これで伝言メモの設定は完了です。

便利に利用するために下記詳細設定も行っておくとよいですよ。


4.どれぐらい電話を鳴らしたら伝言メモが起動するか秒数を設定できます。
 
 「応答時間設定」をタップします。

応答時間設定


5.留守電サービスとかち合わないよう注意の文言が表示されるので読んだら「OK」をタップ。

伝言メモの設定


6.秒数を上下にスライドさせて時間を決めます。今回は30秒にしてみましたが好みで合わせてみましょう。。

応答時間設定(秒数)


右下の「完了」をタップして時間を決定します。

普段、使う分には「ローミング時の使用」や「応答メッセージ」の設定はそのままでよいと思います。(必要に応じて変更をしてください









【伝言メモの再生方法】

伝言メモを聞きたい時は伝言メモ設定画面の「伝言メモリスト」から再生することが出来ます。

音が聞き取りにくい場合はスピーカーのアイコンをタップすると、録音した声がスピーカーから再生されます。

伝言メモリスト


お仕事などで「確実に留守電を録音したい場合」には伝言メモは不向きです。

留守番電話など別のサービス(有料の場合あり)を利用する必要も検討するべきかもしれませんね。

しかし簡単な用件を伝えるぐらいの内容でしたら伝言メモがお手軽ですよ。

なんといっても無料なのがこちらの伝言メモ機能のいいところです!


録音件数や録音時間こそ少ないですが、スマホの伝言メモは使い方次第でかなり便利に使える機能です。
(・∀・)b




スポンサーリンク




関連記事

  1. Galaxy Note8 SC-01K スクリーンショット方法
  2. Xperia XZ1 SO-01K スクリーンショット方法
  3. スマホの壁紙を設定する
  4. ほしいものリスト使い方
  5. 自撮り棒シャッター切れない時の対処方法
  6. ウィジェットのアンインストール方法
  7. スリープ設定
  8. ロック画面壁紙の変更方法
  9. 通知ランプ(LED)を消す設定
  10. スマホ写真 位置情報の設定


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。