VoLTE とは

VoLTE とは

VoLTE とは LTE(高速データ通信サービス)を活用した「高音質の通話サービス」です。

読み方はボルテで「Voice over LTE」の略。 ちなみにLTEはLong Term Evolution(ロング・ターム・エボリューション)の略です。


簡単に言えば「データ通信で高音質の電話が出来る」サービスです。


・データ通信での通話

・高音質で通話できる

・電話しながらでも他のアプリの通信がスムース


↑注意:分かりやすく伝えるためざっくり説明してあります。正しく書くと高音質がどーのこーのって話になるので割愛している部分もあります。予めご了承ください。

また、利用できるのは同キャリア間でのみ、VoLTE対応機種でのみ、対応エリアのみ等、特定の条件が多々あるので各携帯会社にご確認ください。


VoLTEサービスはdocomo 2014 夏モデル スマートフォン/タブレットから始まり、今では au、softbankでも利用できます。※対応機種に限る



スポンサーリンク




【VoLTE とは?】

今までの携帯電話・スマートフォンでの通話は「回線交換」によって行われていましたが、「VoLTE」はLTE回線を使う「データ通信による通話」となっています。

データ通信での通話という点では、SkypeやLINEのような通話感覚でよいと思います。

データ通信で「電話」を行うと音質が悪くなったり通話が途切れたりしてしまうことがあります。電話での通話のことを途切れたりするのは困りますよね?

なので今までは電話は回線交換で、その他のメールやネットなどはデータ通信で。と分けて行っていたのです。

しかし、VoLTEでは「安定した通話品質」での「高速データ通信」によってクリアな高音質通話を実現させています。

さらに高速な発着信も可能。従来の仕組みに比べ、電話を掛けるとすぐに接続できるようになったみたいです。

つまり、VoLTE はデータ通信通話の高品質版といったところでしょう。



【高速マルチアクセス】

VoLTE のもうひとつの魅力は「高速マルチアクセス」です。

電話をしながら地図アプリを使って道案内をする。なんて場面を経験をしたことはありませんか?

スマホなら理屈では可能ですが、電話を使用しながら地図アプリを起動・通信を行うような場合、どうしても(電話と他のアプリへの)アクセスに時間がかかってしまいます。

しかし、VoLTEなら通話中のデータ通信「高速マルチアクセス」のお蔭でストレスなくマルチタスク利用が可能になりました。



【VoLTE を利用できる主な条件】

◎LTEで接続していること

◎VoLTE対応の機種同士で、同じ携帯電話会社であること(かける側、受ける側 両方)

◎VoLTE 通話対応エリア内であること


ただし、同じVoLTEという名前のサービスでも docomo、au、softbank で異なる使用条件が発生する場合があります。

また、パケット定額サービスに加入していないと利用料金が高額になるおそれがあります。

ご利用の際は「通話料金」「利用料金」なども併せて各携帯会社にご確認ください。



VoLTE対応機種を使用している者同士であれば高音質の通話が長時間可能なので、スマートフォンで電話をよく使うという方には魅力的なサービスです♪
(`∀`〇)


※この記事に書かれたVoLTEに関する情報は Android 機種での解説であり、iPhoneでは異なる場合があります。ご注意ください。



スポンサーリンク




関連記事

  1. 自撮り棒は有線か無線か?
  2. 自撮り棒と電波法違反について
  3. Yahoo!ブラウザ 自動ログインの解除方法
  4. 内部ストレージは容量不足に注意
  5. スマホ電池の長持ちテクニック《アプリ設定編》
  6. スマホ電池の長持ちテクニック《通信設定編》
  7. スマホ電池の長持ちテクニック《音設定編》
  8. スマホ電池の長持ちテクニック《画面設定編》
  9. android 6.0 アップデート後に音割れ不具合
  10. アプリがドロワーに表示されない時は?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。