4G+とは

4G+とは

【4G+(フォー・ジー・プラス)】

4G+ は、docomoの2016年 冬モデル以降のスマートフォン・タブレット端末、またはdocomo以外の一部のスマートフォン機種などの通信状態の表示であり、アンテナマーク付近に表示されるアイコンです。

※2019/4/1時点

4G+


docomoのスマホを使い続けている方はいつの間にか LTE から 4G+ になっていて不思議に感じた人も多いでしょう。

「4G+ ってなんだろう?」と疑問に思いますよね。


docomoの端末の場合ですが、

LTE-Advanced と呼ばれる技術の対応機種はLTE圏内で「4G+」と表示されます。

通信サービス名はPREMIUM 4Gとなります。

※注意:表示や表記、通信状態はキャリアや機種によって意味が異なります。また、PREMIUM 4Gはdocomoが提供するサービス名です。



【4G+の意味 ※docomoの場合】

簡単に言うと、

4G/LTEより高速データ通信ができる状態を表しています。※実際は違う場合もあり。


少し難しく言うと、

LTE-Advancedに対応している機種がLTE通信中の状態を表しています。

この場合「LTE通信」でも表示は「4G+」となります。

現状ではスマートフォンに表示される「4G+」というアイコンは規格名称というより通信サービス名称を表現していると言えるでしょう

※2019/4/1時点での表示のためアップデートなどで変更される可能性はあります。



【LTE-Advanced】

まず、4G+はdocomoの機種、またはdocomo以外の一部機種で表示されますが、それぞれのキャリアや機種によって意味が異なる場合があることを覚えておいてください。


さて、LTE-Advancedという言葉が出てきましたが、一般的には「4G+」=「LTE-Advanced」と解釈して問題ないかと思います。

LTE-Advancedは「第4.5世代」と呼ばれる技術で、第4世代移動通信システムから第5世代移動通信システムへの移行を、設備面などの負担を少なく行うために導入されている規格です。

第4.5世代には、LTE-Advanced Proと呼ばれる規格もあり正式にはこちらが4Gから5Gへの橋渡し的な役目をしています。


LTE-Advancedには以下のような技術があります。

・キャリア・アグリゲーション(Carrier Aggregation)

複数の異なる周波数帯の電波を束ねて利用。帯域幅を広げ、ひとつの通信回線として高速データ通信を行います。

・MIMO(マイモ)

送信機と受信機の双方で複数のアンテナを使い、品質の良い高速データ通信を行います。



関連記事

3G、4Gとは

LTEとは





スポンサーリンク




関連記事

  1. インカメラってどのカメラ?
  2. アイコンとは
  3. おサイフケータイとは
  4. シェアとは
  5. Android ビームの使い方
  6. 三本線アイコンの名前は
  7. インストールとは
  8. アップデートとは?しなくてはだめなの?
  9. インターフェイスとは
  10. ユーザーインターフェイスとは


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。