スマホ壁紙【画像文字入れアプリ】の使い方

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

スマホ壁紙・写真に文字を入れて綺麗に♪画像文字入れアプリの使い方 操作・設定

スマホの壁紙や写真などに「画像にカンタンに文字を入れられるアプリ」を紹介します。

画像文字入れアプリ

【画像文字入れアプリ】

※アプリ情報は2024/7/9時点のものです。
 

文字入れに関しては、装飾などもできるかなり本格的なアプリです。

文字を入れる画像加工を楽しむ方にはおすすめのアプリとなっています。操作も簡単なので安心!

今回は、「画像文字入れアプリ」の使い方を実践しながら説明していきますね。

※今回、説明しているのは無料版なので広告が表示されます。
広告が表示されたら「スキップ」「閉じる」「時間経過」などで広告が終わります。有料版はいくつか解放される機能があります。

スポンサーリンク

【画像の挿入方法と文字の入れ方】

まず、アプリを起動して、文字を入れたい画像を選びましょう。

1.左上の「メニュー」ボタンをタップします。

メニュー

2.「新しいプロジェクト」をタップします。

新しいプロジェクト

3.「画像を選択」をタップします。

画像を選択

4.画像を選びます。選びたい画像が表示されていない場合は、以下の手順で画像を見つけましょう。

メニューから参照をタップ

「3点メニュー」→「参照」をタップ。
 

メニューから画像をタップ

「メニュー」→「画像」をタップ。
 

選びたい画像があるフォルダを選んでください

「選びたい画像があるフォルダ」をタップしてください。あとは目的の画像をタップすればOK
 

5.今回は例としてこちらの灯台の壁紙画像を選びました。

 上にある「テキストを追加」をタップしてください。

テキスト追加

6.テキストを打ち込むウインドウが出るので、好きな文字を入れてみましょう。

文字入力

7.文字を入れたら「OK」をタップ。

OK

8.文字が入れられました!

文字を入れられる!

文字の部分をドラッグ&ドロップで好きな場所に移動できます。
 
 

スポンサーリンク

 

【文字色の変更や装飾方法】

文字を入れたら好みの色やフォントに変えたり、綺麗な装飾をしたいですよね。

「画像文字入れアプリ」はシンプルながらたくさんの文字装飾機能が付いているので楽しみながら編集できます。

《基本機能》

・文字や素材は「ドラッグ&ドロップ」で「移動」できる

・「タップ」で「編集メニュー」が表示される
 

まずは文字の部分をタップしてみましょう。たくさんの編集メニューが出てきます。

文字部分をタップ

日本製アプリなので、説明するまでもなくそのまんまの意味の編集が可能です。

【画像文字入れアプリ】メニュー

「フォント」をタップで好きな書体を選べます。

画像文字入れアプリ フォント

「大きさ」はスライダー、もしくは「+」「-」で調整できます。とても使いやすい!

画像文字入れアプリ 文字 大きさ

「文字色」の編集は凝っていて単色かグラデーションかで選べます。左右にスライドして好きなカラーを選んでみてください。

また、下部にある「単色」「グラデーション」のボタンをタップすると自分で色をカスタマイズできます。

文字色

「単色」ではカラーサークルで色を決め、透明度の調整もできます。

カラーサークル

「グラデーション」ではカラー1、カラー2,カラー3を選んで好みのグラデーションを作成できます。

画像文字入れアプリ グラデーション

下にある矢印でグラデーションの方向を変更できます。
 

「縁取り1」は文字に縁取りを入れます。縁の太さの調整や色の変更も可能!

縁取り1

「縁取り2」は縁取り1の外側にさらに縁取りを入れられます。縁取り1や背景の色とは「逆の明るさ」になるようにカラーを選ぶと文字が見やすく綺麗になりますよ。

縁取り2

「シャドウ」は、文字に影を入れます。ぼかし具合や位置も調整できます。

シャドウ

「回転」は文字の角度を変えられます。程よく傾ければクールに。

回転
 

【画像の保存方法】

プロジェクトは自動保存されますが、文字を入れて加工した「完成画像」は自分で保存する必要があります

1.右上の「保存」をタップします。

画像文字入れアプリ 保存方法

2.「保存」をタップ。

保存

3.「OK」をタップすれば保存完了です。※保存画像のフォーマットは特に理由が無ければPNGがおすすめ。

OK

出来上がった画像は「Pictures」フォルダに保存されます。※機種により違う場合があるかも。
 

4.アプリを終了する場合、自動で編集内容(プロジェクト)が保存されるので「OK」をタップして終了しましょう。

自動保存 OK
 

【プロジェクトの保存と数について】

プロジェクトは基本、自動でアプリに保存されるようになっています。なので、あとからプロジェクトを開くことで文字や装飾を編集できます。

「メニュー」→「プロジェクト履歴」と進むとプロジェクトの一覧が表示されるので過去に作ったプロジェクトを編集できます。

プロジェクト履歴

プロジェクトの最大保存数は無料版の場合、「8件」となっています。

プロジェクト履歴

最大保存数を超えると自動的に削除されるので注意しましょう。
 

【無料の画像素材について】

最初の画像の選択画面の「画像素材検索」や「画像の追加」などから画像素材を使うことができます。

画像素材検索

自分が楽しむ範囲でしたら問題なく使えます。画像の検索機能もあるのでありがたいですね♪

素材

しかし、作った画像を商用利用で使う場合は提供元のサービスの規約を守って利用するようにしましょう。

画像素材のライセンスについて
 

【まとめ】

今回は「画像文字入れアプリ」の基礎的な使い方について説明しました。

文字入れと文字装飾に特化した、とても使いやすいアプリです。日本製ということで操作が分かりやすい点もGood!

また、文字入れだけでなく、簡単な図形も挿入できるためアイディア次第でいろいろな画像加工ができる優秀なアプリとなっています。

有料版では一部機能が解放されてより使いやすくなりますが、無料版でも十分に使える便利なアプリだと断言できます。

気になったら是非、インストールして試してみてくださいね!
(*´▽`*)b
 

Android アプリ『画像文字入れアプリ』をGoogle Play からインストールする


Google Play でインストール

※アプリ情報は2024/7/9時点のものです。

アプリインストール時の注意
 

【あわせて読みたい関連記事】

壁紙に文字を入れる方法(Google フォト)

壁紙の変更方法

ibis paint X 写真挿入の方法

画面の色が変に?Android の文字やクイックパネルの色設定

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shima

当メディアにお越しくださりありがとうございます。管理人の shima(しま)です。
スマホの使い方記事を10年以上書き続けています(※このサイトは2016年から)。筆者自身、苦労してスマホを覚えているため解説する際にちょっとしたコツなども教えることができるかと思います。
難しいスマホ用語も「納得できた!」とスッキリ解決していただけるよう、わかりやすく説明をしていけたらと考えております。

Shimaをフォローする
操作・設定アプリ・感想
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました