ホームアプリとは?

ホームアプリとは?

【ホームアプリって何?】

Android スマートフォンを使うにあたり、はじめに確認しておきたいことがあります。

まずは現在のホームアプリの状態です。


ホームアプリは「ホーム画面」を作り出します。

ホームとは起点となる場所、スマホでいうと電源を入れて最初に表示される画面のことを「ホーム画面」と呼びます。

Xperia ホーム

ホーム画面を形作るアプリを「ホームアプリ」といい、ホームやドロワーの見え方、レイアウトなどを決める役割があります。

しかも見え方だけではなくてスマホの操作方法もホームアプリによって違ってきます


スマホの画面もアプリによって作られる。それがAndroid スマートフォンの特徴であり、自分の好みのホームを選んだり、好きなデザインにしたりできます。




スポンサーリンク




【ホームアプリをチェック!】

まずは現在の「ホーム画面」がどのホームアプリで作られているのかを確認。必要に応じて変更しましょう。

見た目だけでなくスマホの操作方法も違ってくるので、使いやすいホームを選ぶ必要があります。

※ホームアプリはユーザーインターフェイス、ホームアプリケーション等と呼ばれることもあります。


例として「docomo Xperia Z3 SO-01G」のホーム画面を見てみましょう。

Xperia ホーム

↑何個かアプリのショートカットが表示されているホーム画面。よく見掛けますよね。


ホームアプリは初期状態でいくつかの種類が選べるようになっています。

例えば、Xperia Z3 SO-01G では、

◆「シンプルホーム」

◆ソニー用ホームアプリ「Xperia ホーム」

◆ドコモ用ホームアプリ「docomo LIVE UX」

・・・この3種類のホームアプリが搭載されています。

※写真は「Xperia ホーム」の画面です。


スマートフォンではほとんどの機種が、初期設定を進めていくとホームアプリを選ぶ画面になります。なので、携帯ショップで買った場合は店員さんが設定してくれることが多いでしょう。

どれを選ぶかは好みで構いませんが若干、操作方法が違うので自分のスマートフォンのホームアプリがメーカー独自のものか、携帯会社用のホームアプリなのか知っておくと、ホーム画面のカスタマイズなどの設定手順で迷わず済みます。

選び方ですが、

携帯会社用ホームアプリにしておくとdocomoショップなどで相談しやすいというメリットがあります。

また、ネットで使い方を調べられるという方はメーカー用ホームアプリにしておいたほうが分かりやすいかと思います。




スポンサーリンク





【ホームアプリ設定方法】

機種により異なるので例を挙げますね。

◆「設定」から「ホームアプリ」を選んで替える。

◆ホームアプリ切替のアプリから替える

◆優先アプリ設定のアプリから替える など。


機種により設定方法は異なりますが、「設定」から「ホーム」等、書かれた項目から辿っていくと見付かると思います。


例【Xperia Z3 SO-01Gでのホーム設定手順】

1.「設定」→「ホーム」をタップ。※設定とは「設定アプリ」のことです

ホームアプリ設定

2.お好みのホームの選択。※ラジオボタンにチェックが入っているのが現在のホームアプリです。

ホーム設定

設定項目が見付からない場合には「取扱説明書」アプリを起動して探してみてください。

ホームを形成するのもアプリで、それを切り替えるのもアプリだなんて聞くと混乱しますが覚えれば簡単です。



【ワンポイント】

ドコモのホームアプリには「docomo LIVE UX」や「docomo Palette UI」がありますが、その名の通り、
NTTドコモのサービスやアプリにアクセスしやすいホームになっています。

また、各メーカーのホームでは、それぞれのメーカー・サービスにアクセスしやすかったりします。


ドロワー(アプリ一覧画面)も異なって見えるので、両方使ってみて操作しやすく便利と感じるほうに設定したほうが良いでしょう♪
(*´▽`*)b







関連記事

  1. アプリの権限 確認方法
  2. Yahoo!ブラウザのキャッシュ削除
  3. フィッシングサイトでのブラウザの閉じ方
  4. Androidのバージョン確認方法
  5. ストレージの空き容量を増やす方法
  6. アプリのキャッシュ削除方法
  7. キャッシュとは
  8. 既定のアプリ 変更方法
  9. 機内モード 設定方法
  10. SSID 確認方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。