ガラケー(フィーチャーフォン)とは?

Android スマホの使い方 初心者編 > 用語など > ガラケー(フィーチャーフォン)とは?

ガラケー(フィーチャーフォン)とは?

【ガラケーとは?フィーチャーフォンとは?】

スマートフォンに対して「ガラケー」という言葉をよく聞きませんか?

意味は分からなくてもなんとなく従来の携帯電話のこと。スマホじゃないいわゆる「ケータイ」電話を指す言葉だと認識していると思います。

また「フィーチャーフォン」という言葉も聞いたことはありませんか?同じくスマホではないケータイ電話を指す言葉なのですが・・・さて。

では、このガラケーやフィーチャーフォンとはどういう意味なのでしょうか?


ガラケーとは「ガラパゴス携帯電話」の略です。

スマートフォンではない従来の携帯電話のことを差す言葉として広まっています。

携帯電話


「ガラパゴスってあのガラパゴス諸島のこと?」と思いますよね。

そう、ガラケーのガラはガラパゴス諸島からきています。ケーはもちろんケータイ。

実は日本の携帯電話はかなりの高機能。海外から見ると、もはやスマートフォンと呼んでも過言ではないぐらい様々な機能が付いていていろんなことができる製品なのです。



スポンサーリンク





まさに日本の技術の成せる技なのですが、同時に日本独自の進化をしすぎてしまった携帯電話とも言えます。

日本の携帯電話は国内で独自の進化を遂げていったようにみえたため、同じく外界から隔離された環境で生物が独自進化を遂げたガラパゴス諸島のようだというところから「ガラパゴスケータイ=ガラケー」と呼ばれることになったのです。

例えば、一昔前の日本の携帯電話は世界基準の通信方式を使っていませんでした。

また、皆さんご存知の着メロ、着うた、ワンセグ、赤外線通信、お財布ケータイ、ゲームアプリなどは海外の携帯電話に付いていない、あってもめずらしい機能だったりするそうです。

通信面では、iモードやezウェブなど携帯会社独自のシステムでメール、ネット閲覧が可能。

等、どんどん独自進化していったという点がガラケーと呼ばれる所以と言えるでしょう。


だたし「外界から孤立している」というイメージだと日本の携帯電話には適当ではありませんし、

特定の地名・地域を「独自進化したケータイ」に例えるのは失礼なのではないか?という声も聞かれます。


そこで登場したのが「フィーチャーフォン」という言葉です。


実はガラケーという呼び方は俗称(世間では通っているが正式な呼び方ではない)であり、携帯電話業界ではフィーチャーフォンと呼ばれています。


フィーチャーとは「特色」や「特徴づけること」という意味。

高性能で様々なことが可能な携帯電話を「特徴的な携帯電話」と呼ぶようになったのです。

素敵な呼び方ですよね。


とはいえガラケーという言葉は広く浸透していて未だに多くの人がケータイのことをガラケーと呼んでいます。

正直いうとスマホやケータイに詳しい人でもない限り、あまり使わない言葉のフィーチャーフォン。しかしガラケーという呼び方のイメージが悪かったり、ガラパゴス諸島が孤立しているようにもとられかねないので、公の場では「フィーチャーフォン」と言ったほうが無難と言えるでしょう。

今後はフィーチャーフォンという呼び方が定着することになるかもしれませんね。
(σ・∀・)σ



スポンサーリンク





関連記事

  1. スマホ壁紙 何にしてる?
  2. ベルトなし手帳型スマホケースの特徴をチェック!
  3. スマホ マクロレンズおすすめ 小さなものを大きく写す!
  4. ネットスラングとは?「草」「厨房」「小並感」って何?
  5. 【用途別で選ぼう】スマホ三脚 おすすめ3選!
  6. スマホ拡大鏡 おすすめ スマホの画面が大きく見える!
  7. スマホスタンドおすすめ 厳選5種類!
  8. 【大人のおしゃれ】手帳型スマホケース【厳選7種類】
  9. 動画視聴ならスタンドタイプ手帳型スマホケース
  10. スマホケースはカビに注意!カビ防止対策はいつも清潔に。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。