ロック画面の時計の変え方

Android スマホの使い方 初心者編 > 操作・設定 > ロック画面の時計の変え方

ロック画面の時計の変え方

【ロック画面 時計の変更方法】

ロック画面

ロック画面の時計の変更


皆さんのスマホのロック画面には時計が表示されていると思います。

スマホをちょっと見るだけで時刻が分かって便利ですよね。


この時計、形状やタイプを好みのものに変えることが出来るんです。

また、「いつの間にか時計の形が変わってしまった!?」という方はもしかしたらこちらの設定のせいでたまたま変更してしまったのかもしれません。是非、記事をチェックしてみてください♪

ご注意

変更できない機種やサイズのみ変更可能な機種もあります。この記事では主にXperia シリーズで説明しています。

ロック画面ではなく、ホーム画面の時計を変更したい場合時計ウィジェットのデザイン変更方法をご覧ください。



気分転換でたまに時計のデザインを違うものに変えてみるのもよいかもしれませんね。

今回はdocomoのXperia Z3 を例に設定手順を解説します。機種により設定方法が異なったり変更できなかったりしますので予めご了承ください。




スポンサーリンク





【設定画面から変更する方法】

まずは基本的な「設定」からの変更手順をご紹介します。機種により操作方法や名称が異なりますので参考にしていただけると幸いです。


1.「設定」→「画面設定」をタップしてください。(機種によっては「ロック画面」を選びます)

画面設定


2.「時計」をタップします。ここでの時計とはロック画面の時計の表示方法ことを指します。

  ※画面設定に「時計」の項目が無い場合は「設定」→「個人設定」などへ進んで探してみてください。(サイズのみ変更可能な機種の場合は「時計のサイズ」をタップして選びます)

時計


3.時計のデザイン候補が現れるので好みの時計を選択しましょう。

時計の選択

種類は少ないですがデジタルタイプやアナログタイプの時計表示があります。

デジタルは苦手という方はパッとみてすぐ時間が分かる「アナログ時計」もおすすめです。


これで設定は完了です。




ファイナルファンタジーVII リメイク【Amazon.co.jp限定】オリジナルPS4用ダイナミックテーマ 配信 – PS4

新品価格
¥9,878から
(2019/6/23 23:33時点)






【時計を長押しして変更する方法】

一部の Xperia シリーズではロック画面の時計をロングタッチ(長押し)するだけで表示変更モードにすることが可能です。


1.時計の部分をロングタッチします。

ロック画面


2.時計部分の色が変わります。

時計部分を長押しする


3.左右にスワイプすることで時計を選択できます。

長押し後に左右にスワイプ

時計以外の部分をタップすると選んだ時計がロック画面に固定されます。

設定完了です。



こちらの手順で設定できる機種は限られていますが、実際に好みのデザインかどうかをロック画面を見ながら確かめられます。

余談ですが時計部分を長押しするとスワイプできるようになってしまうので意図せず、時計の変更してしまうことがあるのでちょっと注意したほうがいいかも。



簡単な設定ではありますが変更できることを知らないまま使っている人も少なくないでしょう。

それほど頻繁に変更する設定ではないですが時計のカタチが変わると気分も変わりますよね。

気分転換に自分の好みと違う時計を使って見るのも面白いと思いますよ♪
(σ・∀・)σ




スポンサーリンク





関連記事

  1. LG style2 L-01L スクリーンショット
  2. FMトランスミッター周波数の合わせ方
  3. arrows Be3 F-02L スクリーンショット
  4. AQUOS R3 SH-04L スクリーンショット
  5. Google Pixel 3a スクリーンショット
  6. Galaxy S10 SC-03L スクリーンショット
  7. Xperia 1 SO-03L スクリーンショット
  8. Google ドライブ 共有と解除
  9. Google ドライブ 使い方
  10. OneDrive 共有の解除方法

2 Comments »
  • 位置を自由に変えたい

    • >みゆ 様
      コメントありがとうございます。
      そうですね。自由に位置を変えられると嬉しいのですが、記事で説明している機種では位置の変更まではできないようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。