Via ブラウザ

Via ブラウザ

【Via – 最小&最速のブラウザ】

スマホ容量を圧迫しないシンプルなブラウザアプリです。

Via - 最小&最速のブラウザ


※アプリ情報は2018/6/24時点のものです。予めご了承ください。



Via ブラウザ

他のブラウザと比べてアプリサイズが小さいのが特徴(いくつかの代表的なブラウザアプリとの比較)。

シンプルで快適なブラウジングを求める方におすすめです。




スポンサーリンク





【シンプルで軽い!】

タブブラウジングはもちろん、シークレットモード付き。画像の表示・非表示ができます。

ブラウジングに必要な機能は揃っていますが快適さを求めているブラウザなので多機能とはいえません。よりシンプルで軽快に動くブラウザを求める人におすすめです。

メインブラウザとしても十分、使えますがサブとしてインストールしておくという使い方もあると思います。



【Via ブラウザ 使い方と説明】

シンプルなブラウザアプリなので特に難しい使い方や特殊な機能はありません。設定も大事なものだけ揃っているという印象です。なので気が付いた点のみ解説します。

◆メニュー

画面右下にメニューボタンがあるのでタップすると下にような「メニュー画面」が現れます。

Via ブラウザ メニュー


アプリを終了したい場合は「終了ボタン」をタップします。

設定を操作したい場合は「設定」ボタンから各設定画面へ移動できます。。



◆主な設定項目

これらの設定は好みによって設定・変更してください。


・「設定」から「一般」へ。

Via ブラウザ 設定



「プライベートデータの消去」=必要に応じてデータを消せます。

消したいデータのチェックをONにしてから「OK」をタップします。

プライベートデータの削除



「画面の向き」=縦向き・横向きがスマホの設定とうまく合わないときに調整します。

「ダウンロード先」=ファイルのダウンロード先を変更することができます。

「カラーモード」=ブラウザ上下のカラーをサイトの色に合わすかどうかを決めます。

「終了時にプライベートデータを削除」=アプリ終了時にプライベートデータも一緒に消すようにします。

一般設定



・「設定」→「カスタマイズ」へ。

カスタマイズ

「背景」から「画像」を選んで好みのホームページがデザインできます。画像は自分の所有しているものを使ってください。

Via ブラウザ 背景カスタマイズ



【便利機能】

◆シークレットモード

シークレットモードとはサイトの閲覧履歴やCookie(クッキー)などをアプリに記憶させないモードです。

「設定」から「新しいシークレットモード」をタップするとシークレットモードのページでブラウジングできます。

シークレットモード


【夜間モード】

「設定」から「夜間モード」をタップします。

画面のベース色が暗い色になり、サイトの表示もやや暗めになります。

↓夜間モードの画面(※真っ暗なのはアプリのホームページだから)

夜間モード

スマホ本体の設定で明るさ調節しなくても画面が暗くなるので目にやさしそうです。



【Via – 最小&最速のブラウザ レビュー】

Viaは私も使っているブラウザです。ブラウザは何種類かインストールしてありますが「ちょっと調べたいことがある」なんてときにViaを選んで使うことが多いです。

軽快なのでそういう場面で使うことが多いのでしょう。

使い勝手がよいというより無駄なくシンプルに出来ている。しかし設定などはしっかりしてる印象を受けます。

インストールしたら、ややこしい機能や設定なしでそのまま使えばOK!というブラウザアプリです。



Android アプリ『Via – 最小&最速のブラウザ』をGoogle Play からインストールする


Google Play でインストール


※アプリ情報は2018/6/24時点のものです。予めご了承ください。

アプリインストール時の注意




スポンサーリンク





関連記事

  1. Chrome 終了方法
  2. ダウンロードしたファイルはどこに?
  3. 連絡先のインポート/エクスポート
  4. 連絡先の見方(アカウント別)
  5. 連絡先 パソコンではどこにある?
  6. Chrome 使い方
  7. Volume Ace Free 使い方
  8. メモリそうじ専科 使い方
  9. Yuzu ブラウザ 使い方
  10. Slider Widget 音量調節


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。