SSIDとは

SSIDとは

【SSID】

SSIDとはIEEE802.11(無線LANの通信規格)におけるアクセスポイントを識別する名前です。

読み方はエスエスアイディーで、「Service Set Identifier」の略となります。

「サービスセット識別子」とも呼ばれています。


Wi-Fiに繋いでスマートフォンを使うことはあっても、Wi-Fiのことは詳しくないという方も多いでしょう。

そのため「SSID」という言葉が出てくると「なんのこと?」と混乱してしまいます。

呼び方も「SSID」や「アクセスポイント名」など機器によって異なる場合があるのでややこしいですよね。


しかし、皆さんもこのような画面をみたことがあると思います。


アクセスポイント(SSID)


これはスマートフォンでWi-Fi接続する際の設定画面です。

アクセスポイントがいくつもあるのがわかります。


画像ではぼかして隠していますが、ここに表示されている英数字の列が「SSID」です。

このようにWi-Fiのアクセスポイントがたくさんある場合、どのアクセスポントに接続するべきか判断できるようにSSIDがあります。

※正確にはアクセスポイントから定期的にSSIDが発信されていて利用者に分かるようになっている


今回は、SSIDと併せてWi-Fi接続に必要なパスワード(暗号化キー)について解説していきます。




スポンサーリンク





【SSIDはいつ、どう使うもの?】

アクセスポイントを識別するため…つまり最初に「スマホをWi-Fiに繋ぐときに選ぶのがSSID」になります。

ご自宅でしたらお使いのWi-FiルーターのSSIDを選択します。


初めてWi-Fi接続する際にはSSIDを選んだあとに「パスワード」の入力が必要です。

このパスワードですが機器によっては「暗号化キー」と呼ぶものがあります。

これは接続する際に通信内容を暗号化するためのパスワードなので「暗号化キー」の他に「セキュリティ・キー」等と呼ばれることもあります。


まとめるとWi-Fi接続の際にはアクセスポイントの「SSID」を確認・選択して「パスワード」入力が必要ということになります。

最近は簡単にWi-Fiに接続できる仕組みのWi-Fiルーターもあり便利になりましたが、手動で設定する場合はこういった手順で接続を行います。

公衆Wi-Fiスポットなどでは利用するためのパスワードが別に必要となる場合があります。




【SSIDとパスワードがわからない場合】

Wi-Fiルーター(無線LANルーター)のSSID、パスワードは機器本体の背面や側面、または底面などに貼られているラベルに記載されています。(※機器により記載されている場所は異なります。)

最新のWi-Fiルーターはけっこう離れていても繋がる(ルーターが近ければ家の外でも繋がることがあります)のでSSIDとパスワードは外部に漏れないようご注意ください。


また、機器によっては自分でSSID、パスワードを変更できるタイプがあります。もちろん変更したSSIDとパスワードは忘れないように。

変更した際には、NFCタグでの接続は出来なくなります(タグの情報は初期状態のデータのため)ので注意しましょう。




スポンサーリンク





関連記事

  1. おサイフケータイとは
  2. シェアとは
  3. Android ビームの使い方
  4. 三本線アイコンの名前は
  5. インストールとは
  6. アップデートとは?しなくてはだめなの?
  7. インターフェイスとは
  8. ユーザーインターフェイスとは
  9. アプリの権限 確認方法
  10. キャッシュとは


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。