同期とは

同期とは

【同期ってなんですか?】


Android スマートフォンの設定画面やアプリなどで「同期」「自動同期」という言葉を目にします。

スマホに限らず、PCでも使う言葉ですよね。

既になじみのある「同期」という用語ですが皆さんは何のことだかお分かりでしょうか?

スマートフォン2台

データがスマホとPC、タブレットで一緒になる ぐらいに感じている方も多いと思います。

認識としては「その感覚」で十分だと思います。



【同期とは】

同期とは「データ内容が同じになるよう更新する」ことを指します。

アプリやファイルなどのデータを PCやタブレット等からみても「同じ内容になるよう最新の状態に更新する」ことを言います。

同時にデータを管理しているサーバとも同じ内容になります。

同期というシステムは、データのバックアップにも利用できるためスマートフォンの機種変更の際にも役立つサービスです。


しかし、この説明だけでは分かりにくいと思いますので、今回はもうちょっと詳しく「同期」を説明していきますね。




スポンサーリンク





【具体的に同期で行われていること】


同期とは


例としてスマートフォンやPC、タブレット端末間の同期をイメージとして見ると


「スマートフォン」→同期→「各種サーバ」→同期→「PC」や「タブレット端末」


こんな風に「各種サービスのサーバ」が間に入るかたちになりデータを同期しています。もちろん逆の流れでも同期されます。

「同期」は常に「最新の情報」が反映されるので、PCからでもスマホからでも「最後に更新した状態」が保存されます。




【同期の例】


例えば、Androidのスマホであれば Google アカウントを使っているので、連絡先、カレンダー、Gメールなどが使えます。これらのサービスは同期することによってPCやタブレット端末から見ても内容が同じになります。


:連絡先(電話帳アプリ)

たくさんの連絡先を端末別に複数打ち込むのは大変な作業ですが、同期を利用すれば一度の入力で済みます。

入力したアドレスがネットを通じて「同期」したことになるのです。

例えばスマートフォンの「連絡先アプリ」にAさんの新しいメールアドレスを追加するとGoogleアカウントで同期される全ての「連絡先」でAさんに新しいメールアドレスが追加されます。※パソコンで連絡先を見る方法


:カレンダー

カレンダーの場合、PCで追加した予定がすぐスマートフォンのアプリでも更新されて「最新のカレンダー」を確認することができます。

以前はスケジュールを書き込むときに複数のカレンダーそれぞれに同じ内容のスケジュールを書き込んではいませんでしたか?

でも同期をしておけば、どちらか一方に予定を追加すれば両方に予定を書き込んだことになります。便利ですよね。


これらのデータはサーバからダウンロードされて各種アプリに書き込まれます。なのでアプリを起動してすぐ確認することができるのです。

またブラウザでウェブサイトを見るように一時的に最新のデータを表示する同期もあります(Twitterなど)。どの端末から見ても同じように最新の情報が見れるのはアカウントが同期されているからなのです。


:オンラインストレージ

ファイルなどを同期する「オンラインストレージ」サービスでは「写真」や「動画」「音楽」などを保存する保存領域としても使えます。

本体の保存容量が少ないスマートフォンにとっては嬉しいサービスですよね。

ただし動画などのデータサイズの大きなファイルだとダウンロードをしないと見れない場合もあります。

「同期してるのに何故?」と思うかもしれませんが、この場合ファイル自体はスマートフォン内には無くサーバ上で管理されているからなのです。この辺りが少しややこしく感じるかもしれませんね。




【自動同期とは】


同期には「手動同期」「自動同期」があります。

情報量の少ないアプリでは自動同期されるものが多いです。連絡先(電話帳)がその例です。

スマホの電話帳に新しく電話番号を追加したとします。自動同期の設定をONにしておけばあとは勝手にサーバー上にある電話帳にも新しい電話番号が加えられます(最新の情報に書き換えてくれる)。


また、同期をするということはサーバにバックアップを取っているようなものなのでスマートフォンが故障したり水没・紛失時の際も、同じアカウントでログインすればデータ復元できる点はとても便利です。

オンラインストレージサービスなどでは自動同期にしておけばスマホ撮影した写真をPCからフェイスブックにUPしたいなんて時に重宝します。

特に旅先で撮った写真など、2度と撮れないようなテーマの写真データは「自動同期」に設定しておくという使い方もあります。

参考アプリを自動同期する方法




【同期はデータ通信量が増えるので注意】


便利な「同期」というシステム。ただし注意点もあります。

スマートフォンで同期を行う設定にしていると自動で通信を行い情報をアップロードしたり、最新の情報を取得するためにデータのやり取りをします。

そのため、データ通信量が増えるのでパケット通信量も多くなります。各キャリアのパケット代金定額制のプランに入っておくことを強くおすすめします。


さらに、情報量が少ないといっても頻繁にしかも様々なアプリがそれぞれ自動更新し続けるので「スマートフォンは電池の持ちが悪い」などと言われることもあります。

自動同期は各アプリによって細かく設定できる場合が多いので、アプリの設定の中から同期の項目を見直してみましょう。自動同期する時間の間隔などを設定できたりします。

必要がなければ自動同期を止めて「ファイルを作成したら自分で手動同期をする」という方法もあります。

アプリによって異なりますが、可能な場合は「更新ボタン」や「同期するボタン」をタップしたり、一部メールアプリやTwitterなどでは下方向に引っ張るようにスワイプすると手動で更新できます。

ひと手間かかりますが無駄なデータのやり取りを抑えたいという方にはおすすめですよ。
(*´▽`*)b




【同期について考えてみる】


同期を行う上で考えておかなければならないことがあります。筆者が同期について一番語りたい点でもあります。

それは「同期するデータはサーバ上に保存される」ということです。

簡単に言えば「データを預ける」ということになります。

あなたが同期に使っているアプリやサービスは、どこの国のどんな企業が運営しているかご存知でしょうか?

ほとんどの方が知らないか、名前が有名だから使っているという場合が多いのではないでしょうか。実は筆者もその一人。

同期は便利に使えるシステムなので多くのサービスが導入しています。しかし、本当に重要なファイル、例えば社外秘のデータや名簿など、あなたにとって万が一にも外部に漏らしたくないデータを同期するべきかどうか、一度考えてみることが必要です。

便利だからといって安易に個人情報が含まれたデータを同期することはおすすめできません。同期するファイルやデータは選んでから利用するべきでしょう。

また、同期や自動同期はスマートフォン本体設定や、各アプリ、サービス等で「同期設定」を細かく変更することが可能です。セキュリティ面でも同期設定のチェックをしてみて損はないはずです。



難しい話も出てきましたが「同期するデータをきちんと選ぶこと」が大切。

「同期」は上手に使えばとても便利なシステムですからね!
(σ・∀・)σ




スポンサーリンク





関連記事

  1. FMトランスミッター周波数の合わせ方
  2. サブスクリプションとは
  3. スマホは時々、再起動しよう!
  4. Twitterがパスワード変更を勧める
  5. 不明なサードパーティ?危険な状態?Wi-Fiセキュリティ対処法
  6. Wi-Fiとは
  7. 自撮り棒 有線 無線 おすすめは?
  8. 自撮り棒と電波法違反について
  9. 通知ランプ(LED)を消す設定
  10. Yahoo!ブラウザ 自動ログインの解除方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


【ご注意】コメント反映には時間が掛かります。スパム対策の為、日本語が含まれないコメントやURL記述は無視されます。